ナイアガラ・プリンスエドワード島8日間の旅
(8月7日出発)


親子(母・娘)での旅行

プリンスエドワード島にこの夏こそ!という思いでインターネットで検索した、
というのがこの旅との出会いです。

母の年齢を考え、ビジネスクラス利用ということを決めていたので、
旅行費用の面は「覚悟」していましたが、それでもカナダ方面は高額。
他のツアー会社(大手含める)も検討しましたが、どうも金額的に納得できなくて、
思わずこちら『カナッタ』さんに、「¥○○万ぐらいで、ビジネスで、行けないもんでしょうか~?」と、メールで尋ねてみたのです。

カナッタ!さんからのお返事・・・「行けますよ!!」・・・

・・・もう少し詳しく、『カナッタ』さんに決めた理由・・・

1,旅行代金が、私の「納得料金」だったこと。
2,プリンスエドワード島の滞在や計画が、ゆったり・充実していたこと。
3,京都在住なので、関西圏にある会社の方が、何かと都合が良いと、何となく思ったから。
4,電話で担当:森田さんとお話してみて、直感的に、「森田さんご自身が旅が好きで
  カナダが好きで、だから旅行者の立場でプランニングされている。」と感じたから。

特に「4」の、私の直感は正しかったと今も思っています。

・・・この旅行を『カナッタ』さんにお願いすることにしてから、私が考えた点・・・

母(80代)の体力的負担を考え、出発日、プリンスエドワード島深夜到着を避けたいと思い、
トロント到着でナイアガラ観光を入れたい、ということ。

・・・この希望を伝えて、カナッタ!さんにプランを立てていただきました。・・・

この間、私は特に何かしたわけではありません(そうだった?はず)。
プランニングは担当の森田さん任せでした。気になる費用については、
最初に「(ナイアガラをプラスする)費用が約10万円程、掛かりますよ。」
と伝えられており、それを承諾していたので、任せっきりでした。

・・・見積もりおよび、仮の計画表が届きました。・・・

ナイアガラ2泊、プリンスエドワード島4泊のプラン。。
私達親子のためのオリジナルなもので、こちらから追加するまでもなく、
「ナイアガラ オン ザ レイク」観光も組み込まれ、「赤毛のアン」ミュージカル鑑賞も
組み込まれていました。そして、見積もり金額通りでした。
私が個人で動いたならば、もっと料金はかさむはず、と、つくづく、思いました。
実は私、ここでカナッタ!さんに全幅の信頼をよせたのです。

・・・この頃から、この「お客様の声」欄を、真剣に読み始めました。・・・

皆さん、カナダやプリンスエドワード島に様々な思いがあって、
そして実際に旅行なさっておられて、心から満足・満喫なさっておられることが、
しみじみと伝わってきます。
みなさんから「安心して行ってらっしゃい!」と、背中を押してもらった感じです。

・・・8月7日、旅行の始まり・・・

成田での7時間程の乗り継ぎ時間後、トロント行きに搭乗。約13時間後、トロント到着。
現地ガイドの方と、無事会えるのかが一番心配でしたが、出口付近はそんなガイドの方達の集団でごった返しており、途方にくれかけていたところ、”ブンブン”と手とプラカードを振ってくれている笑顔の女性2名を発見。我々親子は、無事、ガイドさんと合流でき、ナイアガラ方面へと出発。

ガイドさんにはホテルのチェックインもしてもらえ、ちゃんとお部屋の確認もしてもらえ、
本当にありがたかったです。

ところで、私はホテルに希望をだしており、それは「滝がよく見えるお部屋」でした。

実際に、到着した部屋で、私は思いました。
「私がどのような眺望を望んでいるのかということも、ちゃんと考えてくれている。」
森田さんは旅行者目線で、いろいろと手配してくださっている、それには「感謝」しました。

写真を添付しましたが、
余計な建物は見えず、ベッドからだと滝壺にいるかのような眺めなのです。
(9日早朝撮影。雨だったので、えらく凄みのある景色となってます。)

・・・プリンスエドワード島・・・

9日午後、プリンスエドワード島に到着。
ここでお世話になるガイドさんと合流し、キャベンディッシュへ移動。
その移動中は、大雨・土砂降り。肌寒く、夢のプリンスエドワード島到着の感動を
噛みしめるどころではなく、さらに、かわいいBB、本館の2階、角部屋で雰囲気もいいのに、
肌寒く、一晩中降りしきる雨音ききつつ、「・・明日からどうなんねん??・・・」と不安。

ところが!!! 翌日(10日)からは晴天となりました。

プリンスエドワード島は、木漏れ日の美しい所です。

自由に歩いてみてわかったこと。赤土の感触、そしてその匂い。
風が強い島、起伏の大きな道、水道をひねれば冷たくて美味しい水が飲める島、
穀物の実る大地、雲の影が映る大地。

これは実際、訪れないとわからないことです。
私達は朝、「恋人の小径」を散歩していた時、きつねに遭遇しました。
P.E.I.の土で染めたTシャツに「きつね」の絵柄を見つけた時にも合点がいく出来事でした。

・・・カナッタ・オリジナルツアー・・・最高でした!!(風景写真添付。)

11日。お天気は、風は強く、快晴。
ガイドのゆかちゃん、運転手さんのロンさんとGO!!
物語ゆかりの美しい風景の場所を巡るのですが、
ゆかちゃんは、たくさん色々なことを知っておられて、本当に大好きなガイドさんです。
買い物好きの私達親子に、「ここならでは」の品々を教えてくれて、親子でヒートアップ!


テリー神川さんのカフェ、ものすごくケーキがおいしいです。
(メニューから自由に選べるのも嬉しいです。)
テリー神川さんの『「赤毛のアン」の生活事典』を購入。

titi003当時の生活のこと等詳しく書かれていて、アンの世界が好きな方には、たまらない御本で、
現在たのしく拝読中です。

また、写真のDVD、ありがたいです。
私は写真って面倒と考える方で、いつも母のために面倒だけれども撮るのですが、
私の代わりに、また親子2人の写真を撮ってもらえるのは、つくづく有り難かったです。
義務感から解放され、ゆっくりと景色を楽しめました。

・・・ロブスター・ピクニック『最高!!!』・・・

ロンさんが、ガン!ガン!と豪快に切ってくれて、一匹まるまる囓りつく・・・。
こんなん、普通のツアーじゃ無理、でしょう。
美しい景色の中、がっついたロブスターのお味は忘れられないものですよ。
パンもサラダも美味しくって、おかわりし、残りは頂戴して帰ったぐらいです。

・・・シャーロットタウン・・・

titi00311日夕方、宿泊するBBに到着。「アンのお部屋」に宿泊。
私達は、もはや、マリラおばさんとリンド婦人(以上)みたいな親子ですけど、
それ関係なくはしゃぎました。ジャグジーもついてるし、いいお部屋でした。

12日は、シャーロットタウンを自由に散策。(写真添付)
のんびりと町の中心地で買い物し、アイスクリームを食べ、
お昼は生牡蠣食べたりして過ごし、夕食には、宿泊先のBBでの、フルコース。
これがまた、美味で。。ありきたりのツーリストメニューではなくて、本格的な美味しさでした。


titi004

夜は、ミュージカル。
翌日が朝6時の飛行機なので、最初はどうしようかとも思っていたのですが、
観て大正解で、楽しくて感動。。マシューおじさんのシーンは泣けました。



14日、予定通り、大阪まで、そして自宅まで帰ってきました。

本当に120%の満足感ある旅でした!!

智子・I 様、貴子・I 様 (京都府)

<カナッタ!からのコメント>

ナイアガラにご到着のその日にオフィスにお電話があり、担当:森田は飛び上がりました!
何か不手際があったのか!!!ところが、電話の向こうの貴子様からは感激のお声♪
お母様が「ナイアガラの滝にかぶりつきです~」と。
本当にホッとしました(笑)。
お見積り依頼は5月中旬からスタートし、貴子様を窓口にメールでご意向をお確かめしながらプランは進んでいきました。お手紙に詳しく旅行が出来上がっていく進行状況を書いて頂き、又、初めて弊社の旅行をご検討頂くお客様の「心理」を手に取るように書いて頂き有難いです。
やはり皆様、この「お客様からのお手紙」を参考にして下さっているのと同時に、スタッフとしましても改善に改善を重ねるヒントを頂いています。
このように他社様との比較も賢くして頂きながら、ご納得の上でご出発になりご満足のご旅行となりました。
ありがとうございます!

関連プラン

ページトップへ戻る